ほくろ除去はどんなクリニックを選べばよいかのか

ほくろ除去で美しいお肌に

費用はいくらかかるのか

ほくろ除去は、ほくろの大きさなどによって費用は変わってきます。大きくなると高額になりますが、小さいものであれば、皮膚科や美容クリニックで5000円程度から除去することが可能です。

ほくろ除去後のアフターケア

クリニックでほくろ除去をした後は、しばらくは患部を自分でもケアしていく必要があります。処置によってもケアの方法は異なりますので、医師の指示に従って適切に行っていきましょう。

クリニックを選ぶ基準

ほくろ除去を形成外科で行なう場合は、電気メスやレーザー治療が多く用いられています。患者のほくろに最適な治療方法を低難してくれるので、安心できます。ほかにも、美容外科や皮膚科などクリニックによって特徴があります。

カウンセリングで安心

女性に人気の高い美容皮膚科では、シミ取りなどと一緒にほくろ除去をする患者が多いです。美容皮膚科では、カウンセリングを重視しているクリニックが多く、納得のいく治療を進めることが可能です。

ほくろ除去後でトラブルは

一度ほくろ除去をしたからといって安心はできません。場合によっては、ケロイドになったり、ほくろが再発してしまうケースがあります。トラブルがないように、定評のあるクリニックを選ぶようにしましょう。

適切な除去の方法を知る

婦人

顔や身体にほくろは誰にでもあるものです。普通の大きさや数であれば、特に支障もなく気になりません。しかし、大きかったり数が多いと目立ってしまうので、自分のほくろが気になって仕方ないという人もいます。特に、顔に目立つほくろがある場合は、他人にも見られていると感じやすく、コンプレックスになるようです。額の真ん中や、鼻の横、目じりなど、さまざまな部位にほくろがあります。大きく盛り上がっていると、ほくろがある部位によっては、日常生活にも支障があるほど邪魔に感じるものです。目の下にあれば、視界に入ってくるでしょうし、鼻の下にあれば鼻をかむときなど邪魔になります。このように、ほくろに関してストレスや問題をもつようであれば、医療機関にかかってほくろ除去をしてもらうようにしましょう。

ほくろ除去を行っている医療機関としては、美容外科、皮膚科、形成外科が代表的です。ほくろの種類によって適切なほくろ除去の方法は異なるはずです。場合によっては、癌など病気の可能性もあります。病理検査に出す必要があるので、そうした治療に対応している専門クリニックを受診すべきケースも出てきます。皮膚科や形成外科は保険が使えることが多いため、比較的リーズナブルな費用でほくろ除去ができます。治療に対応しているクリニックも多いので安心です。ただし形成外科で、美容目的でほくろ除去したい場合は、保険適用ができません。皮膚科よりは、傷跡なども心配もなく綺麗に仕上がることが期待できますが、費用とのバランスを考えた方がよいでしょう。もちろん、顔など目立つ場所のほくろ除去であれば、綺麗に傷跡も見えないように除去してくれるクリニックを優先的に検討すべきです。特に女性であれば、顔に傷が残ってしまうことは避けたいはずです。もちろん皮膚科でも丁寧にほくろ除去の施術を行ってくれるはずですが、あくまでも治療が目的になります。そのため、やはり形成外科や美容外科よりもテクニックやスキル的な面では少し心配があるといえるでしょう。美容皮膚科でほくろ除去をすると、費用は高くなる傾向はありますが、最も美しく除去できる施術をいろいろと選ぶことができるでしょう。美肌効果の高いケア用品で肌をいたわってくれるはずです。